『あおいとり』作詞:小林純一、外国の曲(ヤマハ幼児科2年)

2018年8月4日

長女そらの時(7歳)2018

お母さんと散歩をしている時に青い鳥を見つけた、女の子の驚きと喜びを表現した曲です。

この曲は左手もメロディーのように動かすので苦手な子もいるそうですが、そらは最初の1・2回苦戦していましたが、すぐに弾けるようになりました。

難しい指の動きは、ゆっくり動かして確実に指の動きを覚えるのがコツかな・・・。

 

CDでは、オーケストラの響きに金の音やハープの音も加わり、美しい音楽になっています。

ママ
鳥さんが逃げないように、そーっと優しく弾くんだよ〜

とアドバイスしています。

もっと手首を脱力させて、レガートを意識してなめらかに優しく弾けるといいなと思います。

 

長男ひかるの時(6歳)2019

ママとお散歩中の男の子が、木に青い鳥が止まっているのを見つけて、お母さんにそっと教えるという曲です。

母さん見てよ、あの木の上に
ほら、青い小鳥が一羽

という歌詞が付いています。

小鳥が逃げないように、優しくそーっと弾けるといいね。

幼児科2年の終わりにもなると、だいぶ聴く力が育ってきていて、分かりやすいメロディーであれば耳コピできるみたい。この曲のエンディング部分も、ひかるが自分でCDを聴いて音を見つけて弾いています。

タグ検索