『おばけのあしあと』作曲:W.ギロック(ヤマハ J専1年)

2019年9月23日

長男ひかるの時(7歳)2020年

姉のそらはリズムやテンポをつかむのが割と得意なほうで、弟のひかるは想像したり表現したりするのが割と得意みたいです。

一人一人、得意な部分や苦手な部分が違うけど、得意なことをさらに伸ばし、苦手なことを克服していくための、レッスンと練習の積み重ねなんだな〜と傍観している今日この頃です。

私は習い事を何もしたことがないから(やりたかったけど、お金がないからという理由でやらせてもらえなかった)小さいうちから自分の才能を伸ばして特技を身に付けられるのって羨ましいです。

 

この曲は、おばけと子供達の状況がよく伝わってくる感じで弾けたんじゃないかな〜と思います。

今回グランドピアノで演奏しているのですが、勿論わが家のではありません。

うちのは、譜面台の蝶番が壊れていて黒いガムテでとめているアップライトですから(笑)

 

新学期に入ってヤマハの時間が若干変わり、空き時間ができたので、その時間空いている教室をお借りして練習させてもらう事にしました。

なので、今後もたまにその時間に撮影する時はグランドピアノでの演奏になります。

家にもグランドピアノ欲しいなぁ。。。

 

長女そらの時(7歳)2019

パパがいる時にこの曲を練習していると、必ずパパが忍び足で近寄ってきて、ピアノを弾いているそらワァッ!っと脅かしていました。

何度もやりすぎて、後半そらマジギレされてました(笑)。

 

大きいお化けと小さいお化けが、あっちに現れたり、こっちに現れたり…

あれっ?消えた?

…と思ったら、目の前にワッ!っと現れてビックリした!というストーリーの曲です。

その情景を思い浮かべながら練習していました。

 

もうすぐハロウィーン、うちにもお化けがやってくるかも!?

タグ検索