『まほうつかいのじゅもん』作曲:萩野清子(ヤマハ幼児科2年)

2018年9月15日

長女そらの時(7歳)2018

鍵盤あそびの曲です。

ハ長調で習う和音"F/C"(ドファラ),"C"(ドミソ)の練習で、この左手のポジションが次に弾く曲の伴奏部分になるので、これでしっかり練習しておくと次の曲で両手で弾くのが楽になります。

鍵盤あそびは、あくまでもレパートリーを弾く前の準備体操

大切なのは、CDに合わせて弾くこと。

CDに合わせて繰り返し弾くことで、調を感覚的に覚えていくことが出来ます

単純な鍵盤あそびの曲はDVDでの映像もあるので、DVDを思い出しながら楽しく練習しています。

 

長男ひかるの時(6歳)2019

この曲はカデンツ(和音)の練習曲です。

ハ長調の曲でよく使う、F/C(ドファラ)→C(ドミソ) のコード進行に指を慣れさせる練習で、簡単だけど大事な練習。

ドファラは、ハ長調で習う和音の3つめになります。

ちなみにハ長調のコード進行練習で初めて習ったのは、幼児科1年の時の『かざぐるまとそよ風』で、G7/B(シファソ)→C(ドミソ)でした。

この練習をきちんとしておくと、メロディーしか書いていない楽譜に、自分で伴奏付けができるようになります。

簡単だけど、あなどるべからず(笑)。

タグ検索