幸福か不幸かは自分が決める。

2019年12月12日

”ありがとう”という言葉は、言った人も言われた人も心がほんわかあったかくなる言葉ですよね。

幸せだから感謝するのではなく、感謝するから幸せなのだ

という言葉をどこかで聞いたことがあるのですが、本当にその通りだなと思います。

 

わたしの母はガンを克服し、先日70歳の誕生日を迎えました。

闘病中はやはり、気持ちが落ち込んだり、不安になったり、何もする気になれないこともあったようですが、そんな母が新しい習慣に取り組み始めました。

それは…毎日30個、感謝していることを書き出すことだそうです。

その習慣を始めてから、母はとても明るくポジティブになりました。

 

このような名言があります。

われわれが感じる不満のすべては、われわれが持っているものに対して感謝の念を抱くことがないことから生じている。(デフォー:イギリスの作家)

これも、なるほどなぁと思います。

感謝の気持ちを持つこと、与えられているものに満足することって大事ですね。

 

負の感情で自分の心を埋めてしまうから不幸に思える。

逆に、良い感情で自分の心を満たしてあげれば幸福だと思える。

 

"幸福か不幸かは自分で決める"ことができるものなんですよね。

 

「ありがとう」という言葉が入ったタイトルの曲は、心に染み入る名曲が多いですね。

ヤマハにも、卒業のタイミングで歌う「ありがとう」という歌唱曲があり、子供達が歌うのを聴いていると目頭があつくなります。

タグ検索