『いちごのメヌエット』作曲:秋透(ヤマハ幼児科1年)

2017年9月8日

長女そらの時(6歳)2017

この曲は左手だけだし、出てくる音も「ソ」と「ド」だけなので簡単・・・

かと思いきや意外とタイミングで苦労していました。

CDを聴いただけでは、初めはどこで入れば良いのか分からない〜という感じだったので、DVDを何度も見てタイミングを覚えて・・・

そら
「あぁ〜このチャララッチャッチャッチャーラッチャッの後に入れば良いんだね〜」

と分かってからは完璧にタイミングを合わせることが出来るようになりました。

 

この「ソードー」を弾く練習は次に出てくる曲の左手部分をピックアップしたものです。

先に左手の部分を練習しておくことで両手弾きがスムーズに弾けるようになるんですね。

簡単だからと甘く見ずに、左手がスムーズに動かせるようにしっかり練習していきたいです。

 

長男ひかるの時(5歳)2018

ひかるも入るタイミングでかなり苦戦していました。

隣で「1・2・3 1・2・3」とワルツのリズムを口ずさみ、「ソードー」と誘導してあげないと入れない…という状態が結構長かったです。

それでも、CDを何回も聴いているうちにやっとタイミングを聴き取れるようになったようで、CDに合わせて弾けるようになりました。

DVDでは入るタイミングをもっと分りやすく示しているので、もっとたくさんDVDを見せたらよかったのかなぁ?

 

二女こころ&三女あいの時(4歳,3歳)2019

この曲がなぜ『いちごのメヌエット』というのか…それは、左手の1番5番の指で弾く曲だからだそうな。

「ソードー」と弾くだけなので、すごく簡単なんですが、今後いろんな曲にこの「ソードー」が出てくるので、軽んじてはいけない大事な練習です。

DVDでは、この曲に合わせて可愛い苺ちゃんたちが踊っています♫

左手だけで弾く曲ですが、こころ

こころ
片手だとつまんない〜

と言って両手で弾いています。

タグ検索