刑務所の中のクリスマス

※これはカナダの「シャインツマン」という新聞に載った実話です。

クリスマスの夜のことでした。

ひとりの女の子が、冷たい北風が吹き抜ける暗い道を歩いていきます。

どこまでも続く高いレンガの塀のそばの道を、女の子は小さなプレゼントを胸に抱いて、ブルブル震えながら歩いていきました。

実はそのレンガの塀の内側は刑務所で、その子のお父さんが殺人犯として捕らわれていたのです。

やがて刑務所の門のところまで来た女の子は、守衛のおじさんに言いました。

「おじさん、お父さんに会わせて下さい。」

「ダメだ、もうとっくに面会時間は過ぎている。明日来なさい。」

「あの…お父さんにクリスマスプレゼントを渡すだけなんです。ちょっとだけなんです。入れてください。」

「ダメダメ!刑務所の規則は厳しいんだ。明日来なさい。」

「あしたはもうクリスマスが終わってしまいます。お願いです。ちょっとだけお父さんに会わせてください。」

「ダメといったらダメなんだ!今日はもうダメなんだ!」

f

とうとう女の子は泣いてしまいました。

ちょうどそこへ刑務所長が通りかかりました。かわいそうに思った所長は、優しく声をかけました。

「おじさんがそのプレゼントをお父さんに渡してあげよう。今すぐ渡してあげるから、泣かないで帰りなさい。明日お父さんに会いにいらっしゃい。」

f

実は、その女の子のお父さんは手のつけられない囚人でした。乱暴で凶暴で、刑務所の規則など何も守らない囚人でした。

独房の中で所長からプレゼントを受け取ったその男はリボンをほどきました。中には一枚の紙切れがありました。

大好きなお父さんへ

お父さんが殺人犯だということが恥ずかしいといって、お母さんは家を出てしまいました。

クリスマスにお父さんにプレゼントを贈りたいと思いましたが、お金がありません。

そこで、お父さんが優しくなでてくれた私の赤い巻き毛の髪を切りました。

これを今年のプレゼントにします。

お父さん、私はどんなにつらくても、寂しくても、お父さんが帰ってくるまで頑張ります。

お父さんも頑張ってください。

刑務所は寒いと思います。

お父さん、風邪をひかないで・・・。

読んでいく男の目に、どっと涙があふれました。

男は箱の中から赤い巻き毛をつかみ出すと、その中に顔をうずめて泣きました。肩を震わせて泣きました。

その次の日、男はまるで別人のようになっていました。大きな刑務所の中で、もっとも模範的な囚人に生まれ変わったのでした。

愛ほど私たちを変えるものはありません。

育が人を変えます。教育が人を作ります。教育ほど素晴らしいものはありません。
しかし時として、知識は人を傲慢ごうまんにします。知識は人を誇らせ、みにくい優越意識で他人を見下します。知識がかえって人を盲目にし、偏狭へんきょうにすることもあります。

産が人を変えます。金が人を狂わせます。豊さはかけがえのない宝ですが、物質的豊さがかえって精神を衰えさせ、人間を利益だけ求める亡者にしてしまう場合があります。

デオロギーや思想は、夢や目標を与え、情熱を掻き立て、エネルギーを引き出します。それは進歩への大きな力です。
しかし時としてイデオロギーが人格を変え、顔つきまでも変貌させ、独善から人生を破綻に導くこともあります。

実の愛には何のマイナスもありません。

ほど私たちを変えてくれるものはありません。真実の愛は私たちを強くし、優しくし、大きくしてくれます。

愛は人に勇気を与え、悪条件に負けない忍耐力を引き出してくれます。愛は一瞬にして私たちの全人格と全生涯を決定的にしてしまう力を秘めています。

弱さはなお残るでしょう。悪条件との戦いも続くでしょう。しかし、愛にはそれら1つ1つに打ち勝たせて乗り越えさせる力があります。

 

クリスマスは、神がどれほど私を愛してくださっているのかという事に思いを馳せる良い機会です。

そして神が私を愛してくださるように、私も他の人に愛を示す良い機会です。

世界中が愛であふれる日になりますように…メリークリスマス。

弾けるようになった曲(新着)

『星にねがいを』作曲:L.ハーライン(連弾・ヤマハJ専1年)

長女そらの時(8歳)2020年 レッスンの時は先生、家ではCDに合わせて練習しています。 言わずと知れた名曲なので、知らない人は恐らくいないんじゃないかと思いますが、一応紹介しておきますね。 『星に願 ...

『スペイン舞曲』作曲:G.ヴェルディ (ひきうたい・ヤマハJ専1年)

長女そらの時(8歳)2020年 ひきうたいの曲なので、伴奏を弾きながらメロディーをドレミで歌います。 曲の構成はA-B-A-C-Aのロンド形式です。 毎回テキストの上部に曲中で使われるカデンツが書いて ...

『糸はもういらない』作曲:L.ハーライン (アンサンブル・ヤマハJ専1年)

長女そらの時(8歳)2020年 この曲はディズニー(ピノキオ)の挿入歌で、 原題は『I've got no strings』です。 ピノキオの曲だと思うと、この曲のタイトルの意味が分かりますね。 この ...

『小さい歌』作曲:D.カバレフスキー (ヤマハJ専1年)

長女そらの時(8歳)2020年 発表会でも人気の曲なだけあって、動画検索すると沢山のお子様たちの演奏が聴けて、とても参考になります♪ 短いですが音楽的要素がギュッと詰まっている、深みのある曲です。 こ ...

『くさけいば』作曲:S.フォスター(アレンジ・ヤマハJ専1年)

長女そらの時(8歳)2020年 フォスターさんが作る曲って、どうしてこんなに耳に残るんでしょうね〜。1回聴いたら忘れられない名曲がたくさんあります。 以前はフォスターさんのこの曲を紹介させて頂きました ...

他の曲も見てみる

わが家の1コマ(新着)

末っ子アイドル説は本当だった!?わが家の末っ子男児がツボ

よく「アイドルは末っ子が多い」とか「末っ子は周りから可愛がられて、まるでアイドルみたい」って言われますよね。 私自身2人姉妹の末っ子なので「あ〜分かるかも…」と思っていましたが、母となり末っ子を育てて ...

替歌の脳内リピ率すごすぎ。笑っちゃって練習にならないよウタエルさん。

みなさんこんにちは♪ 訳あって今、美空ひばりさんの『川の流れのように』のピアノソロを練習しているんですが(子供じゃなくて私が) 替え歌で有名なYouTuberのウタエルさんが、この曲で   新元号「れ ...

【おうち野菜を作ろう】性格が真逆な夫婦の共同作業、一体どうなる!?

家庭菜園がやりたくて、庭付きの中古物件を5年前に購入した我が家。 昨年からやっと、少しずつ取り組めるようになりました。 分からないことだらけなので色々調べながら、そして試行錯誤しながら育てています。 ...

2ヶ月間の休校とママの現状

コロナ対策の休校で、24時間5人の子供達(小3・小1・年長・年中・2歳)と過ごすこと2ヶ月が経過いたしました。 当初の理想 頑張るぞー! 1.子供達が運動不足にならないよう、天気が良い日は毎日公園に連 ...

塩対応女子同士の会話はこうなる

小学3年生になったそら。 学年でたった2クラスしかないんだけどクラス替えがあって、わりと仲が良かった子と違うクラスになってしまって寂しがるかな?と思ったけど… もともと群れるタイプではないので、 そら ...

もっと見てみる

タグ検索

おすすめ記事

1

最近はパパの仕事がすごく忙しくて、ほとんど家にいないので、人と関わるのが生きがいのパパはすごく寂しいみたい。 今日は久々の休みだったんだけど、30分に1回は私にちょっかいをかけてくる(笑)。 洗濯物を ...

2

今わたしが住んでいる地域は古くからの地元民が多くて、自治会も強く根付いています。 昨年&今年はうちが班長で、主にわたしが班の各家庭を回って町会費と公民館費を毎月集金しに行っています。 たいてい ...

3

みなさんこんにちは!今日は、最近のパパの様子をお伝えします。 アイキャッチ画像は投稿の内容と関係なくて、ただ面白かったので使ってみましたw   エピソード1 うちのパパは朝シャンすることが多 ...

4

先日、あいが遠足に行ってドングリをいっぱい拾ってきました。 ヤクルトの容器にいっぱいドングリを入れて、シャカシャカ振りながらご満悦のあい。 家に帰ってから、 あいママにもドングリあげるー♪手だしてー! ...

5

ひかる・こころ・あいは年子で3人とも幼稚園に通っているので、毎日車で送迎しているのですが、お迎えの時間の夕日がまぶしい季節になったので最近はサングラスをかけて運転しています。 100均のサングラスだっ ...

6

みなさんこんにちは♪今日はあいのおもしろ語録をお送りします。 兄弟の中で一番気が強く、感情爆発タイプのあいは、ユーモアも満点w最近の出来事からいくつかご紹介したいと思います☆   《エピソー ...

7

みなさん、こんにちは。 佐賀県の大雨警報から1週間が経ちますが、未だ復旧の目処がたたないところも沢山あるようですね。 東日本大震災以降、日本の人々のボランティア精神が、それ以前に比べて鼓舞されている気 ...

8

寝かしつけって子供ひとりひとり、合う方法、合わない方法がありますよね。 うちの長女そらが赤ちゃんだった頃の寝かしつけは、抱っこしながら歩いたり、スクワットしたり、歌ったりしてあげないと寝なくて… むし ...

© 2021 ヤマハ5キッズ Powered by AFFINGER5