”寝ないと太る”は本当か?アラフォーママが体験レポをお届けします!

2019年9月16日

みなさんは、こんな噂を耳にしたことがありますか?

寝ないと太る

...わたしは最近まで知りませんでした。

 

タイトルに”体験レポート”って書いたけど、この噂が本当かどうかを実証する為にわざわざ睡眠時間を削ってみたわけじゃなくて、

たまたま寝不足な日々を続けていたら、偶然結果に結びついたという感じです(苦笑)。

 

懸命な皆さんなら、もうお分かりでしょう。

そう、ズバリ!結果は、

寝不足だと太るは本当!ということ。

いや〜…ショックでしたねぇ〜

 

色々忙しく、1日の睡眠時間が2〜3時間という日々が4ヶ月くらい続いたんですが…

「夜間の消費カロリーが増えたから、どんどん痩せれるかも!」なんて甘い考えを抱いていたのですが、あれよあれよという間に4ヶ月で9キロも増えてしまいました。まじ焦り。

 

ちなみに、夜間はデスクワークで、ほとんど動かなかったのですが…

それにしても、1日の食事の量も運動の量も大して変わっていないのに、睡眠時間が減っただけで何でこんなにブクブク太るんだ!?と、ショックで色々調べてみたら…

睡眠時間が平均7~9時間の人に比べ、4時間以下の人は肥満率が73%高く、5時間睡眠の人は肥満率が50%高い。

という研究結果があるそうです。確率が高過ぎてビックリ!!!その原因もある程度解明されているようです。

 

原因その1

睡眠時間が短い人は、食欲が増すホルモン「グレリン」の量が多く分泌され、食欲を抑えるホルモン「レプチン」の量が少なくなるから。つまり、ついつい食べ過ぎちゃうってこと。

 

原因その2

睡眠不足の状態にあると、ショ糖を多く含み体重を増加させる、いわゆる「太りやすい」食べ物を摂取したくなる欲求があらわれるから。

 

原因その3

成長ホルモンの分泌がスムーズにいかず、新陳代謝がうまく行われなくなって基礎代謝量が減るから。

※ 成長ホルモンは、眠り始め〜3時間が最も多く分泌されます。

 

原因その4

成長ホルモンの分泌がスムーズにいかず、中性脂肪を分解したり、筋肉を修復する働きが低下するから。

 

なんだってー!!!???睡眠不足が、こんな悪影響を生み出していたなんて…

じゃあどのくらい寝ればいいのかというと、「7~8時間」がダイエットのベストな睡眠時間らしいです。寝すぎも太るそうですよ。

 

わたしの場合は食欲の変化はさほどなかったのですが、代謝がかなり衰えたうえに、中性脂肪が蓄積されてしまったようで…この事実を知ってから、最低でも3時間は寝るように心がけています。

本当は7〜8時間寝たいところですが…う〜ん難しい。

 

みなさんも、「最近なぜか太った?」「ダイエットしているのになかなか痩せない!?」

と、お悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご自身の睡眠時間を振り返ってみてくださいね。

タグ検索