『いたずラッコ』作曲:須田あきら (アレンジ・ヤマハJ専1年)

2020年2月1日

長女そらの時(8歳)2020

可愛らしいこの曲は、1986年以降NHK『みんなのうた』で放送されていたようです。

原曲の音源と歌詞のリンクはこちら→『いたずラッコ』(歌ネット)

レッスンでは、アレンジの練習曲として取り上げられています。

《アレンジの課題の流れ》

メロディーを聴く

メロディーを歌う

メロディーを弾く

メロディーに合うハーモニーを付ける

両手奏

伴奏を変える

メロディーを変える

(変奏したメロディーに合う伴奏を付け直す場合もある)

大体いつも、こんな感じでアレンジに取り組んでいます。

CDには、サンプルとして色んなジャンルの曲調にアレンジされたものが収録されていました。

その中でもジャズのアレンジが一番難易度高そうでしたが、絶対音感持っているYちゃんは難なく耳コピしてマネしていました(sugoi...)

 

《今回学んだ変奏のポイント》

・メロディーのリズムを変えてみる

・拍子を変えてみる

・テンポを変えてみる

・調を変えてみる

・音の高さを変えてみる

・バスを動かして和音を変えてみる

移旋いせん(長調を短調に変えること)「リハモナイズ」についてもサラッと教わりましたが、全く身に付いていない感満載ですw

こんなんで良いのかな…

本当に素質のある子なら、新しい事をどんどん吸収して自分のものにしていくんでしょうけど…そらは凡人なので(笑)

凡人らしい、そしてヘビ好きらしいアレンジをしてみましたよ。

1コーラス目はテキストに載っている通りの純粋で可愛らしい『いたずラッコ』で、2コーラス目そらがアレンジした腹黒で何か悪巧みをしていそうな『いたずラッコ』ですw

タグ検索