『ジプシーのおどり』作曲:G.ヴェルディ(ヤマハ幼児科2年)

2019年1月25日

長女そらの時(7歳)2018

この曲を2月の発表会で弾くことになったので、ぷらいまりーでは最後の曲ですが、先に練習し始めることになりました。

以前から「この曲は難しくて、泣きながら練習する子が沢山いる」と聞いていたのでちょっと身構えていたのですが・・・

あれ?そら、あっさり弾けちゃったなぁ・・・ついでに言うと、そらの練習を横で見ていた幼児科一年のひかるもさらっと弾けちゃいました。

うちの子が特別上手いというわけでもないと思うので、聞いていた程身構えなくても良かったようです。

 

この曲はイタリアの有名な作曲家ヴェルディによるオペラ「椿姫」の中の1曲です。

鮮やかな衣装を身に着け、手にタンバリンを持った女性たちが踊っている様子で、すこし不思議な響きがします。

初めてのイ短調の曲で、中間部はハ長調に転調しています。

レパートリー曲としては初めて経験する転調ですが、充分に慣れたハ長調なので、一見難しいと感じる事も今まで経験してきた要素で成り立っているので、これまでしっかり練習してきたのであれば大丈夫です。

 

CDは木管楽器から始まり、すこし怪しげなメロディーが出てきて次第に盛り上がります。

最後は弦楽器や金管楽器、シンバルも加わり壮大に締めくくられます。

2コーラス目の出だし〜ハ長調に転調する手前まではニ短調で演奏されています。

 

長男ひかるの時(6歳)2019

発表会で演奏する予定だったので、先生も生徒も親も結構気合い入れていた曲だったのですが…

コロナで発表会が中止になってしまって残念でした。

でも、J専オーディション自由曲の2曲目として弾きました(1曲目は『おちば』)。

CDに合わせて弾くと長いし転調もあるけど、オーディションは1コーラスだけなので逆に物足りなさを感じました。

この曲は、強弱の表現やリタルダンド、転調の部分もよく仕上がったと思います。

タグ検索